集音器とは - 種類/選び方/骨伝導/補聴器との違い/人気ランキングなど

更新:

人気の集音器(みみ太郎)

集音器とは、加齢などで低下した聴力をサポートする機器で、耳穴に入れる小型のものから、ポケットサイズのもの、そしてSONY首かけ集音器のようなテレビ視聴専用のものなど様々なタイプがあります。

補聴器とは違い、価格面でのハードルが低く、医療機器ではないので補聴器技能者による調整(フィッティング)は不要です。


[目次]

集音器の種類・特徴 - ポケット型・耳かけ型・耳あな型

集音器のタイプを「形状」で分けると、「ポケット型」「耳かけ型」「耳あな型」の3種類になります。また、「音声の伝達方法」で分けると一般的な鼓膜を通して伝えるタイプと骨伝導タイプに分けられます。

どの集音器を選ぶかは、それぞれのタイプの特性を知った上で、ご自分の好みや生活パターンと照らし合わせる必要があります。

ここでは集音器の形状による違いについて解説しますが、意外に知られていないのが、集音器の「タイプ」によるメリットとデメリットです。

ポケット型集音器の特徴

ポケット型

ポケット型集音器とは、ポータブルラジオやポータブルオーディオプレーヤーの形に似たような箱型の本体に、イヤホンを接続するというタイプのものです。


ポケット型集音器のメリット

  • 耳かけ式や耳あな式と比べて、性能や機能が充実しているものが多い。
  • 出力レベルも大きく、中度〜重度の難聴でも対応可能な機種も多い。
  • 同程度の機能で比較すると、耳かけ式や耳あな式よりも安価で買える。
  • 本体を手にもって操作・調整できるので利便性がよく、初心者でも使いやすい。
  • 電池の持ちがいい。
  • 本体が大きいので紛失のリスクが少ない。
  • ハウリング音が出にくい。

ポケット型集音器のデメリット

  • 移動時は、本体をポケット等に入れるか、首から吊るすか、手で持つか、など、何らかの手段で本体ごと持ち運ばなければならない。
  • イヤホンコードがジャマになると感じることが多い。
  • コードをひっかけたりすることで、切れてしまったりするリスクがある。
  • 本体にマイクがついているタイプの集音器の場合、本体を入れるポケット等の状況によっては、「衣ずれ」の音が気になるケースがある。

ポケット型集音器を選ぶ際の注意点

機能性や利便性・さらに価格においては他のタイプよりもすぐれていると言えるが、本体の持ち運びや、コードの長さに不便を感じる人もいる

たとえば、「手がコードに引っかかって仕事のジャマになる」「ポケットの上から何かモノが当たるなど強い衝撃を受けて本体が壊れてしまう」などというリスクが出てきますので、手足・体を激しく動かす仕事やスポーツをする方だとポケット型集音器は適さないと言えるかもしれません。

しかし、「本体を持ち運びしなければいけない」という点さえ割り切れれば、「自宅で過ごすことが多い」「外出時もドライブ・サイクリング・歩行ぐらいで、激しい動きはしない」「仕事はほぼデスクワーク」などという人であれば、ポケット型が一番便利で快適と言えます。

>> ポケット型集音器 解説記事一覧

耳かけ型集音器の特徴

耳掛けタイプ集音器

耳の上から後ろにかけて、小さな本体を装着するタイプの耳かけ型集音器は、集音器市場のみならず、補聴器市場でも、もっともよく見かける「メジャータイプ」。そして、外見が一番気になるタイプとも言えますね。


耳かけ型集音器のメリット

  • 耳あな型よりも本体が大きいので、操作や電池交換が比較的容易。
  • 軽度難聴のみならず、高度(重度の一歩手前)レベルにも対応できるものがあるなど、性能的には比較的幅広い選択肢がある。
  • 軽度向きのシンプルタイプであれば1万円以下の安価な機種もあるので、お財布事情が厳しい人でも選びやすい。
  • 本体は耳にほぼ隠れるので目立たない。
  • かつては、耳をほぼ完全にふさぐイヤープラグをつけるタイプのものが多かったが、近年では耳をふさがず、ある程度の解放感を出す「オープンフィッティング」式のものが出ている。

耳かけ型集音器のデメリット

  • 耳の周りは汗をかきやすいので「汗による故障」のリスクがある。
  • 機種によっては風の音などを拾ってしまいやすい。
  • 「本体が耳の上から後ろにかけてかかる」という形態なので、メガネをかけにくい。
  • 動きが激しいと、ずれてしまいやすい。
  • 近年主流のオープンフィッティング式は、低い音が外に抜けてしまいやすいので、軽度〜中度程度にしか対応できない。
  • 耳をほぼ完全にふさぐ従来のタイプは、音がこもってしまう。
  • 機種によっては、今もハウリングが起こりやすいものもある。
  • ポケット型と比べると機能が限られており、細かい調節もしにくい。
  • ポケット型と比べると電池や充電の持ちが悪い。

耳かけ型集音器を選ぶ際の注意点

手軽で目立たず、機種の選択肢も多いが、ポケット型と比べると機能・性能・電池の持ちなどにおいては不利な面も多い

激しい動きをすると外れることがあるので、動きの激しいスポーツをする方には適していません。また、メガネをかけていると使いにくいタイプもありますので要確認です。

耳かけ型の集音器は、みみ太郎 などごく一部を除き、試聴のための貸し出し制度がないものがほとんどなので、試してから購入したいという人には選択肢が少ないのが残念。

>> 耳かけ型集音器 解説記事一覧

耳あな型集音器の特徴

耳あなタイプ集音器

耳の穴に本体ごとすっぽりおさまる、という、もっとも小さなタイプと言えるのが耳あな型集音器です。


耳あな型集音器のメリット

  • 他のどのタイプよりも小型でジャマにならない。
  • 目立ちにくい。
  • 耳かけ型と違って、汗の影響を受けにくい。
  • 耳介の集音機能を生かすことができる。
  • 鼓膜に近い部分で集音できる。
  • メガネをかける人にとってもジャマにならない。

耳あな型集音器のデメリット

  • 本体が小さすぎるので、機能・性能はどうしてもシンプルになる。高度〜重度レベルには不向き。
  • 高齢者にとっては「スイッチやダイヤル等が小さすぎて見えない、使いづらい」と感じることも多い。
  • 電池や充電の持ちは、よくても耳かけ型と同等。耳かけ型よりも持ちが悪いものも多い。
  • 小さい分、紛失のリスクが高い。
  • 耳の穴にフィットしないと、ハウリングが起こりやすい。
  • 耳あかが詰まることで故障する、というリスクが意外と高い。

耳あな型集音器を選ぶ際の注意点

もっとも小型なタイプである分、目立たずジャマにならないメリットは大きいが、機能・性能・操作性などにおいては、耳かけ式よりさらに不利となりやすい

耳あな型集音器も、耳かけ型と同様、試聴のための貸し出しをおこなっているところはほとんどありません。

しかも耳あな型の場合、安い機種であっても「激安の耳かけ式よりは高い」という状況ですので、「合わない時はあきらめる」という考え方はなかなかできません。

>> 耳あな型集音器 解説記事一覧

ページトップに戻る

骨伝導式とは - 聴こえ方の特徴/デメリットなど

骨伝導式集音器fukumimi

集音器や補聴器の「聴こえるようにする仕組み」の中で特に注目を集めている『骨伝導式』。ここではその聴こえ方や特性について、他の集音器との違いを解説します。(写真は骨伝導式集音器fukumimiのヘッドセット部分)

骨伝導式とは、「音による振動を骨に伝えることで、音を聴こえるようにする」という仕組みです。空気とともに流れる音の振動を受け取る鼓膜の代わりに、頭蓋骨を直接振動させるのです。

骨伝導式を取り入れた補聴器や集音器は、機種によっては軽度の難聴のみならず、中度以上の難聴に対しても有効性がある ということで人気なのですが、「聴こえ方」はどのようなものなのでしょうか?。

骨伝導式の聴こえ方の特徴とは?

骨伝導式というのは、骨をしっかり振動させるように作用するため、確かに聴こえのサポートには適した方式だと言えますが、一般的な集音器と比べるとその「聴こえ方」に少々弱点があります。

「骨伝導の聴こえ」を体験できるカンタンな実験法

では試しに、「骨伝導によって伝わる骨導音だけで音を聴くとどうなるか」を簡易的に実験してみましょう。

自分の手で耳をしっかりふさぐか、性能のいい耳栓を用意して、「周りの音が聴こえない」という状態にして下さい。実はこれが、「耳に入る空気の振動による音の伝えをシャットアウトした、気導音が聴こえない状態」となります。

この状態で、自分で声を出してみると、なんとなくこもったような、いつもの自分のしゃべり声とは違う声に聴こえるのが分かるでしょう。これが、骨伝導による骨導音のみに頼った時の聴こえ方にきわめて近い聴こえ方なのです。

この実験をやれば分かるように、骨伝導式は「確かに聴こえるけど、聴こえ方に不自然さがある」のです。

骨伝導式「装着における違い」

骨伝導式の集音器は、実は装着の際にも一般的な集音器とは大きな違いがあり、注意が必要です。

それはイヤホンを耳に入れる従来の方式とは違い、「正しく装着しないと、頭蓋骨に振動が伝えられないので本来の効果が得られない」ということ。

そのため、以下のような問題点が出てきやすいのです。

  • しっかり装着させるために、耳の裏が締め付けられるような圧迫感を感じて、長時間使うと疲れやすい
  • 装着場所が、メガネをかけるとジャマになってしまう
  • ふとしたはずみで触ってしまったりして場所がずれると、すぐに聴こえが悪くなってしまう

骨伝導式のメリットとデメリット

骨伝導式の補聴器の場合、数十万クラスが中心価格帯となっており、高価であることもデメリットと言えます。

こうして見ると、骨伝導式の補聴器や集音器は「聴こえるか聴こえないか」という点では、よく聴こえるようになる可能性が高い、という大きなメリットがあるものの、聴こえ方の不自然さや、装着時や価格が割高である点はデメリットと言えます。

だからこそ「この骨伝導式は高機能で良さそう!」と飛びつくのではなく、しっかりと試聴して、本当に自分の耳に合うのか、疲れることなく使い続けられそうか、という点を見きわめてから選びたいものですね。

>> 骨伝導式集音器 解説記事一覧

ページトップに戻る

集音器と補聴器の違い - どちらを選ぶべきか?

値段に不満を持つ女性

聴こえに不安や問題がある人にとって頼りになる存在となるのが、集音器や補聴器です。しかし「聴こえる生活」を取り戻すために、一体どちらを選ぶべきなのでしょうか?

ここでは、「集音器と補聴器の違い」を、@聴こえ方の自然さ、Aカバーしている周波数帯、B価格について比較しながら説明します。


補聴器は医療器具だけど「聴こえる音は不自然」

集音器と補聴器の決定的な違いとして挙げられるのが、「医療器具としての承認を受けているか、受けていないか」です。

医療器具としての承認を受け、医療器具承認(認証)番号がついているのが補聴器で、そうした承認・認証がないのが集音器です。

補聴器は医療器具としての承認を受けているのに、なぜか「聴こえ方の不自然さ」というデメリットが挙げられます。

実は補聴器は、「人の会話を聞くための周波数帯だけを厚くカバーしている」という特性を持っています。

しかも、こうした限られた範囲の周波数帯の設定が、医療機器としての承認を得るために必要なのです。

これに対して、集音器の品質は機種によってピンからキリまでありますが、良質な集音器の場合「一部の周波数帯だけでなく、人間が本来聴こえるはずの周波数帯を、ほぼ全域カバーしている」というものがあります。

「聴こえ方における周波数帯」という点において、本来の自然な聴こえにこだわる方には、集音器がおすすめです。

ちなみに筆者が母親のために購入した みみ太郎 は、まさに「人間が聴こえる周波数帯の全域カバー」に踏み込んだ良心的な集音器の代表格と言えます。

集音器のほうが価格がお手頃

集音器と補聴器を比べると、集音器のほうが価格がお手頃、という点も見逃せないメリットです。

補聴器だと高いものはそれこそ50万円すら超えるという高価格になりますが、集音器なら、高品質なものでも10万円以下で手に入れることが可能です。

自然に近い聴こえの可能性や価格面のメリットを考えると、「まずは良質な集音器を試してみる」と考えてみてもいいのではないでしょうか。

参考:お試しできる集音器一覧

参考:「通信販売の補聴器等の安全性や補聴効果(概要)」独立行政法人国民生活センター(外部サイト)

ページトップに戻る

集音器-人気ランキング

ここでは主要33機種の集音器を「アクセス数」や「検索数」、「人気」とともに、「聴こえの良さ」や「試聴制度の有無」「価格のお手頃さ」などを総合的に評価しランキングしました。

1位みみ太郎(シマダ製作所)

みみ太郎

立体的に集音する特殊マイクと音響技術により、他の集音器とはレベルが違う「自然な聴こえ」を実現。ユーザーからの高い評価。安心の2年保証と10日間の無料お試しが好評です。

[中度〜高度難聴者向き]
みみ太郎(耳掛けタイプ):49,500円(税込)

>> みみ太郎の詳しい解説

2位ミライスピーカー・ホーム

ミライスピーカー・ホーム

音量を上げなくても言葉をはっきりとクリアに表現するテクノロジーで、耳が遠くなった方のテレビ視聴をサポートする、外部設置型のスピーカー。

[軽度〜中度難聴者向き]
29,700円(税込)

>> ミライスピーカー・ホーム

3位Olive Smart Ear(オリーブ・スマート・イヤー)

Olive Smart Ear

洗練されたスタイルとスマートフォンを使ったワイヤレスコントロール。周波数ごとに自分の聴力に合った音量をイコライザーで調整可能。使用後でも返品OKの90日返品・返金保証があります。

[軽度〜中度難聴者向き]
34,800円(税込)

>> Olive Smart Ear

4位楽ちんヒアリング(ショップジャパン)

楽ちんヒアリング

女優の草笛光子さん、俳優の田中健さんが登場する「ショップジャパン」のテレビショッピングでもおなじみ。1年保証もついて、アフターサービスが好感を得ているようです。

[軽度難聴者向き]
10,890円(税込)

>> 楽ちんヒアリング

5位ソニー首かけ集音器 SMR-10

ソニー首かけ集音器 SMR-10

珍しい「首かけタイプ」の集音器。イヤホンとともにマイクも本体に一体化されているので、装着したまま、電話での会話もOK。イヤホンを使わず本体に内蔵されたスピーカホンとしても使用できます。

[軽度〜中度難聴者向き]
33,000円(税込)

>> ソニー首かけ集音器 SMR-10

ページトップに戻る

集音器の選び方 - おすすめ記事

お試しできる【集音器一覧】無料お試し、返品保証、レンタルで確かめよう

どれだけ高性能な集音器でも、自分の耳に合っているかどうかは、実際に使ってみないと分かりません。

自社の製品に自信を持っている集音器メーカーは、「無料で一定期間貸し出しますので、じっくり試して下さい」という趣旨の『無料お試し』や、使った後でも返品できる『返品保証』を実施しているので、ぜひご活用ください。

>> お試しできる【集音器一覧】

スマホが「集音器」に!アプリで早変わり

petralexを使う女性

軽度の難聴に気付いた方が最初に選ぶ集音器は、「とりあえずどんな感じで聴こえるんだろ」的な、5,000円以下のお手軽集音器が多いのではないでしょうか。

しかし最近、「集音器入門は、まずスマホで」という方が増えてきたみたいなのです。シニア層もスマホを当たり前に使いこなせないといけない(汗)、そんな世の中になってしまったようです。

ということで手元にあるスマホをその場で集音器に変身させることができる集音器アプリ(補聴器アプリ)に注目。中でも評判のいい「Petralex」と「Hear You Now ?」を紹介します。

>> 集音器アプリ特集

集音器買うなら要チェック!重量「重さ・軽さ」を比較

集音器を天秤で量る

難聴者にとって生活を共にする集音器は、メガネと同様、軽ければ軽いほどありがたいもの。

集音器の重さは、音質などの機能、価格や品質などと同様、集音器を選ぶときの「要チェックポイント」です。

ここでは集音器のタイプごとに主要モデルの重さを比較してみました。

>> 集音器の重量「重さ・軽さ」を比較

ページトップに戻る

更新情報

  • 音量を上げなくても言葉をはっきりとクリアに表現するテクノロジーで、難聴者のテレビ視聴をサポートする、外部設置型のスピーカー ミライスピーカー・ホーム」 を追加しました。(2021/3/14)
  • ヘッダ画像とサイト全体のイメージカラーを「円熟した青緑(#00ced1)」から「あざやかな青緑(#009699)」に変更しました。(2021/03/22)
  • ヘッダ画像とサイト全体のイメージカラーを「鮮やかな緑(#00ff7f)」から「円熟した青緑(#00ced1)」に変更しました。(2020/10/31)