西和産業の耳穴集音器【口コミや評判】メリット・デメリットを解説

更新:

西和産業 耳穴集音器

「耳あな型集音器は、電池の持ちがイマイチなものが多い」と不満を持っている人にとって興味深い存在と言えるのが、長時間使用可能な西和 耳穴集音器です。


西和 耳穴集音器が選ばれる理由・メリット

電池の持ちは150〜200時間!

西和 耳穴集音器は、電池の持ちの点で不利になりがちな耳あな型集音器でありながら、150〜200時間の連続使用が可能、という点が大きなメリットです。

しかも、購入時にはテスト用電池が4個もついているため、「購入してからしばらくは電池を買わなくても十分使える」という点も魅力的。

実売価格は3,000円〜4,000円台(税込)なので、「長時間使用可能、電池の付属も多め」という点まで考えれば、実際にはかなりリーズナブルと言えますね。

本体重量は、電池込みでも3.55gという驚きの軽さ!重さによる負担を感じるリスクも、ほとんどありません。

保証もしっかり1年付き!この価格帯では比較的高い評価

また、これだけ小さなタイプだと、ボリューム調整機能しかなく、電源スイッチはついていない」というものもあるのですが、西和 耳穴集音器には電源スイッチがきちんとついているため、この点でも「電池の長持ち」に役立ちます。

保証がしっかり1年ついているのも、嬉しいポイントです。

さらに、ノイズカット機能も搭載されているので、耳あな型集音器としては比較的クリアな音声が期待できる、という強みも持っています。ノイズに関してはユーザーによって評価が別れる部分もありますが、この価格帯では比較的高い評価を得ています。

西和 耳穴集音器のちょっと気になる点?

西和 耳穴集音器のデメリットとしてまず挙げられるのが、「人によってはフィット感の不満が大きい」ということです。

イヤーラバーのサイズが合わないとハウリングも

付属のイヤーラバーは大中小の3サイズが揃っていて、一見誰にでもフィットするように思えるのですが、それぞれのサイズ差が大きめなためか、「中だときついし、小だとすぐ落ちそうになる」という感じで、不満の声が出ているのです。

また、これを使って電話すると「ピーピーとハウリングする」という不満の声があります。メガネをかけている人や、これを使って電話したいと考えている人に選ばれる「耳穴式」なのですが、この点は注意が必要です。

あと、この価格帯だと仕方のないことですが、中国製であるという点も、気になる人はいるかもしれませんね。

西和 耳穴集音器の無料貸し出しや価格について

無料貸し出し

西和 耳穴集音器には、貸し出しなどのお試し制度はありません。

参考価格はそれなりに高いものの、実質価格はお手頃なので、「合わなければ他の人にあげる」というぐらいの感覚で買うのがいいかもしれません。 幸い(?)、付属の電池は予備が豊富なので、自分が試したあとでも、人に「すぐに使える状態で」あげられるだけの余裕もありますからね。

参考:お試しできる集音器一覧

価格

  • 4,600円台(税込)〜
    ※実売価格(2021/10現在)

「耳穴型集音器」解説記事一覧