楽ちんヒアリングの悪い口コミや評判、デメリットは?クリアとの違いなどを解説

更新:

ショップジャパン 楽ちんヒアリング

ここでは草笛光子さんが登場するショップジャパンのCMで有名な「楽ちんヒアリング」のデメリット、雑音・すぐ壊れるなどの口コミや評判、ハウリングの起こらない使い方、楽天・ヤマダ電機など最安値の比較、楽ちんヒアリングクリアとの違いなどを解説。


[目次]

楽ちんヒアリングのデメリット「すぐ壊れる」「テレビ視聴に向かない」など

「すぐ壊れる」故障や破損

楽ちんヒアリングは壊れやすいのでしょうか?「短期間(1ヶ月〜3ヶ月ほど)で壊れてしまった」という口コミが多いのは気になりました。コードの折損が多く、コードの接続部分が弱いという口コミもありましたが、トップクラスの軽量化とは相反する悩ましい問題と言えそうです。

保証が付いているとはいえ、改善が待たれるところだと思います。

テレビ視聴に向かない?

ボリュームを大きくしなくてもテレビを視聴できるという楽ちんヒアリングのCMがありますが、「テレビの音がはっきり聞こえない」という口コミもあります。音は聴こえてもテレビドラマなどのセリフが聞き取れないという、よくあるパターンでしょう。また音質的にもテレビの長時間視聴には適していません。

テレビが毎日の楽しみという方には、手元スピーカーのようなテレビ専用の機器がおすすめ。耳が疲れないし、音質が断然違います。

最近では手元スピーカーに代わって、ボリュームを大きくしなくても音声がハッキリ聴き取れるミライスピーカーが話題となっております。

もっと安い類似品がある?

楽ちんヒアリングと類似品

アマゾンや楽天で、楽ちんヒアリングに類似品が数種類出品されております。中に類似品というよりは、“非常にそっくり”なものがありましたので比較してみました。(写真左が楽ちんヒアリング、右が類似品)

「充電台の形状」「ボリュームが4段階」「USB接続が可能なACアダプター」「お掃除ブラシ、イヤピースなどのセット内容」など全く同じに見えたのですが、細部を確認したところ、スイッチ類の位置と電源スイッチの形状が違いました。

値段は類似品の方がはっきり言って安いです。しかし楽ちんヒアリングには、保証や電話サポートなどの安心材料という大きなメリットがあります。

一番肝心な「聴こえるかどうか?」という点に関しては、比較することは困難でしたが、使った後でも返品可能(ただし期限あり)な楽ちんヒアリングならその点のリスクは回避できるといえるでしょう。

楽ちんヒアリング「ハウリングがひどい」「聞こえない」などの悪い口コミ・評判

雑音(ノイズ)・ハウリング

困った女性

楽ちんヒアリングは、最大ボリュームが大きいという強みはあるものの、雑音もかなり大きくなり、「ボリュームを上げると非常に聞き取りづらくなる」という口コミも少なくありません。

「ハウリングが酷い」という感想も散見されます。ハウリングは耳穴にフィットしたイヤーピースを使うなど、使い方次第の部分はあると思います。やはり30倍というボリュームがあるので、正しい使い方を習慣にしないといけないということです。
>> 楽ちんヒアリングの正しい使い方

聞こえない

楽ちんヒアリングは最大ボリュームが大きいとはいっても、「聴こえない」といった口コミが目立ちます。「誇大広告ではないか」という書き込みもありましたが、もともと「軽度難聴向き」の機種だと思われます。

「オリーブスマートイヤープラス」のように中等度難聴の方に好評なものもありますので、お試しサービスを利用してみてはいかがでしょうか。
オリーブスマートイヤープラス解説ページ

ボリューム調節が4段階だけ

楽ちんヒアリングの音量調節ダイヤル

楽ちんヒアリングのデメリットとして挙げられるのが、「ボリューム調節が4段階しか使えない」ということです。

最大ボリュームは30倍なのですが、これだけのボリューム倍率がありながら4段階しか選べない、というのは「ちょうどいいボリュームで聞くのが意外と難しい」とも言えますね。

事実「段階ごとの音の差が大きすぎる」という趣旨の口コミも目立ちます。

「楽ちんヒアリング」のよい口コミやコスト面でのメリットなど

安心のサポート体制

楽ちんヒアリングのサポートセンター

楽ちんヒアリングの大きなメリットとして挙げられるのが、ショップジャパンならではのサポート体制の充実性です。届いた商品が破損したという口コミを書き込んだユーザーもサポートに関しては「迅速に対応してくれた」とコメントするほどです。

1年保証がついているのはもちろんのこと、楽ちんヒアリングの使用にあたって疑問点や不安点などがあれば、いつでもフリーダイヤルのサポート窓口に相談することができます。

価格の安さ

「手軽な価格で、テレビのCMで見たことがある商品なので安心して選べました」という趣旨の口コミが散見されます。インターネット広告でよく見かけるこの種の製品の価格帯は、ほぼ3万円以上。ましてネットだけでなくテレビ広告も頻繁に放映している楽ちんヒアリングが1万円前後というのは、価格の面において一線を画す存在といえます。

小さな製品なので、高齢の親御さんが落としたり無くしたりしてしまう心配もあります。でも「高価な補聴器をなくされたら大変だけど、この価格なら買い直せばいい」という口コミがるように、再購入を想定できる価格は大きなメリットです。

壊したり無くしてしまい「再購入した」というレビューが多かったことに、筆者は驚きました。

ランニングコストが助かる充電式タイプ

楽ちんヒアリングの電源は電池ではなく、ランニングコストが助かる充電式タイプ。電気代は1回の充電で約1円ですから、経済的ですね。充電器は使い勝手のいいACアダプターとなっています。

コストの面とともに、電池式のような細かくて面倒な電池交換が不要な点も大きなメリットですね。

楽ちんヒアリングはトップクラスの軽量タイプ

ポケット型や耳あな型に比べ、激しい動きをすると外れやすく、一番重さが気になるのが、この「耳かけ型」です。楽ちんヒアリングの本体重量はわずか5gで、耳かけタイプとしてはトップクラスの軽量タイプです。

ちなみに国内主要メーカーの中でも比較的軽い、旭電機化成「AKA-201」が7g、kenko「イヤーファイン Fit」が7.8gですから、この5gがいかに軽いかがお分かりいただけると思います。

日々の生活にもフィット

楽ちんヒアリングは、「痛くない、ずれない、目立たない」というテレビの宣伝通り、人間工学にもとづいた設計とともに外れにくい素材で作られています。さらに大きさの違うイヤーピースも3種類付属しているため、きつすぎたり外れやすいということはありません。

そして本体の色は髪型やお好みに合わせて、目立たないベージュまたはブラックから選べます。

楽ちんヒアリング「ハウリングの起こらない正しい使い方」

楽ちんヒアリングの使い方については、公式サイトや製品付属の説明書を見れば分かりますが、おざなりの説明になっていて、そのまま使うとハウリングが起こる原因にもなります。

ハウリングがピーピー鳴ると、ご高齢の方は使うこと自体が嫌になってしまいますので、ハウリングの起こらない正しい使い方も併せて記載しました。

充電方法

楽ちんヒアリングの充電方法

お使いになる前に、まずは
「充電しておきます」
充電台に刺すとランプが赤く点灯します。ランプが緑に変わったら充電完了です。

また、実際に使う前に耳に装着しながらスイッチ類を動かす練習をしておくことをおすすめします。


イヤーピースの交換

イヤーピースの交換

「ご自分の耳にぴったりのイヤーピースを取り付けておく」

イヤーピースは、ゆるすぎると外れやすく使用中にハウリングが起こる原因にもなります。きつすぎると長時間使用した際に痛みを感じます。


使い方説明 1

楽ちんヒアリングの使い方説明1

「電源スイッチを入れます」


使い方説明 2

楽ちんヒアリングの使い方説明2

「あらかじめお好みのボリュームに上げておきます」

(「ピー」というハウリング音を防止したい方は、このときボリュームは一番小さな[1]に下げておきましょう。)


使い方説明 3

楽ちんヒアリングの使い方説明3

「耳に装着します」

(「ピー」というハウリング音を防止したい方は、装着してからお好みのボリュームに上げましょう。そして電源スイッチをOFFにした後に耳から外します。)


「楽ちんヒアリングクリア」の改良点と従来品との違い

楽ちんヒアリングクリアの従来品との違い


従来のアナログ式からデジタル式に

アナログ式だった従来モデルに加え、新たに登場した「楽ちんヒアリングクリア」はデジタル式になったそうですが、具体的にどこが違い、どこが改良されたのでしょうか?分かりやすくまとめました。


  • 雑音の軽減
    元々大きめの音量では雑音が気になるタイプではありましたが、デジタルならではの雑音軽減機能で鮮明な音声が聴こえるようになりました。
  • コンパクト化
    元々5gというトップクラスの軽量タイプでしたが、デジタルタイプは4gに。この1gの差には、相当な努力を感じます。若干丸みをおびたマユのような形状になりましたが、本体の大きさ(約32mm)はほぼ同じです。
  • ハウリング音の軽減
    これもデジタルならではの機能ですね。このページで紹介している正しい使い方をしていただければ、従来のアナログ式でもハウリングはほぼ起こりません。
  • 突然の大きな音を軽減
    これはハウリング防止と同じ機能です。
  • 音声増幅機能
    最大で12倍まで音を大きくします。
  • 細かい音量調整
    アナログ式では4段階しかなかった音量調整でしたが、6段階に。丁度いい音量で使用できます。

「楽ちんヒアリングクリア」の価格や気になる点

  • 使用時間
    アナログ式は一度の充電で14時間使用できましたが、デジタル式は10時間です。
  • 価格
    楽ちんヒアリング(アナログ)10,890円 / 楽ちんヒアリングクリア(デジタル)15,890円 ※どちらも税込
  • 保証
    39日の返品保障、1年間の修理保証、そして専用ダイヤルでの安心サポートは従来通り同じです。

「楽ちんヒアリング」の最安値は楽天?アマゾン?ヤマダ電機?特典・価格など

ショップジャパン楽ちんヒアリングの新聞広告

テレビのテレフォンショッピングや新聞広告で楽ちんヒアリングをご覧になった方は迷わずフリーダイヤルで電話して購入されると思いますが、インターネットの場合は、「公式サイト」「楽天ショップ」「アマゾンショップ」、そして「ヤマダ電機」の販売サイトで購入できます。

さて、どこで買うのが一番お得なのでしょうか?


楽天ショップは安い?特典や価格の違い

楽ちんヒアリングの専用ケース

楽ちんヒアリングの販売価格はテレビショッピングでは番組終了後30分以内に電話した場合に限り、新聞広告では掲載日から3日間に限り10,890円(税込)となります。

ちなみにポイントは1%付きますので、税抜き価格9,900円×1%=99ポイントを獲得できます。

しかし、楽天ショップなら、いつでも10,890円(税込)で販売されているようですが、電話購入や販売サイトごと、またご購入の時期によって価格やサービス内容が違うことがあります。

「お掃除ブラシ」が付いていたり付いてなかったり、一時、別売りの「専用ケース」(税込2,500円)が付属品として付いていたこともあったりしたことがありました。

現在は「2個セット」が約30%割引の16,700円というキャンペーンが行われております。(2022年5月21日現在・価格は税込)

>> 楽天ショップ

アマゾンで購入する場合の注意点

アマゾンにおいて楽ちんヒアリングは、公式ショップ非公式ショップから出品されております。

公式ショップ

公式ショップからは他の公式ショップと原則同様の条件で購入できますが、タイムセールで若干安い8,670円(税込)で販売されることがあります。(2022年3月9日現在・価格は税込)

>> アマゾン公式ショップ

非公式ショップ

非公式ショップで販売されているのは中古品です。新品より安いこともあれば高いこともあります。大幅に安ければメリットもありますが、1年保証はありません。

なお、アマゾンで購入すると、どちらのショップから購入しても故障対応や返品の際、けっこう手間取る場合があるので要注意です。

ポイント10%のヤマダ電機が一番お得かも?

ヤマダ電機のネット通販「ヤマダウェブコム」でも他のネット通販と同様10,890円(税込)で販売されており、ポイントが10%付きます。税込価格の10%で1,089ポイント獲得できますので、ヤマダで他の商品を購入する予定のある方はこちらで購入するのが最もお得といえます。

>> ヤマダウェブコム

楽ちんヒアリングの「無料貸し出し」はできる?

楽ちんヒアリングに、無料の貸し出し制度などはありませんが「もし楽ちんヒアリングに満足できなかった場合は、購入から39日以内であれば、使用後でも返品することが可能」という独自保証がつけられているので、安心です。

返品の際の送料は自己負担となりますが、「1ヶ月以上じっくりと、自分に合うかどうかを確かめられる」というのは大きなメリットと言えるでしょう。

参考:お試しできる集音器一覧

公式サイト:ショップジャパン