アメディア 聞楽(キラク)ME-300D「環境ごとの選ぶ4つの最適モード」口コミと独自レビュー

更新:

「テレビの音声を手元で大きく聞きたい」「特定の人の話を、周りの雑音を大きくすることなく、きちんと聞きたい」と、環境ごとの選ぶ4つの最適モードで聞きたい音だけを大きく聞くことができる、アメディア 聞楽ME-300Dの独自レビューです。

聞楽ME-300Dが選ばれる理由

アメディア 聞楽ME-300D

聞楽ME-300Dの特徴は、環境ごとの選ぶ4つの最適モードで聞きたい音だけを大きく聞くことができる、ということ。

基本的な周波数帯域はほぼ200〜4200Hzで、たとえば環境音をカットし会話重視の「きれいモード」の場合、400〜4200Hzというように周波数帯域を切り替えられるようになっております。


  • 静かモード:屋外などの騒がしい環境で環境音を低くし、会話が聴きやすくなります。
  • 一般モード:環境音と会話の両方を増幅します。
  • きれいモード:環境音をカットして、会話に集中したいときに使います。
  • テレビモード:室内でテレビを見たり会話するときに使います。

※聴力40〜70デシベルまでの方を対象とした製品です。

参考:集音器の中には、「みみ太郎」など中等度・高度難聴に対応した製品もあります。

聞楽ME-300Dのちょっと気になる点?

聞楽ME-300Dのデメリットとしてまず挙げられるのは、「使用可能時間が短い」ということです。1時間でフル充電できるのはいいのですが、「付属のイヤホンとは別のイヤホンを使うと、ただでさえ短い使用可能時間が、さらに極端に短くなってしまう」というデメリットもあります。こうした点について、使い勝手の悪さを感じる人も多いでしょう。

あと、イヤーピースは、普通タイプと穴あきタイプの両方が付属されているものの、サイズは各2サイズしかないのでサイズ選択の幅が狭く、フィット感が悪いと感じてしまう人も多いかもしれません。

聞楽ME-300Dの「無料貸し出し」はできる?

聞楽ME-300Dは、アメディア公式サイトにて病院・リハビリ施設・障害者団体・ボランティアグループなどの団体を対象に、デモ機の1週間無料貸し出しをしていますが、個人に対しての無料貸し出しはしていません。

ですが、個人に対しても「購入検討レンタル」という名の有料貸し出しなら実施しています。

気になるレンタル料は、1週間で3,300円(税込)。このレンタル料に加え、返送時の送料負担が必要となります。

「たった1週間で3,300円とは高い!」と思われるでしょうが、聞楽ME-300Dをアメディア公式サイトから購入することになった場合、レンタル利用から2か月以内であれば、商品代金から3,300円を差し引いてくれるという特典があります。

とは言え、気に入らなければレンタル料+返送料は1円も戻らないわけですし、「気軽なお試し」という形でこの有料レンタルを利用するのは、ちょっと難しいかもしれませんね。

参考:お試しできる集音器一覧

価格

  • 30,352円(税込)

公式サイト:アメディア 聞楽

ポケット型集音器一覧に戻る