ビクター「みみ楽」口コミ&デメリット

更新:

ビクターの集音器「みみ楽」EH-A580(ココチモモデル)を中心に、EH-A800(デジタルモデル)とEH-W10(耳あな式)、テレビ用ワイヤレススピーカーについて、口コミやデメリットとともに解説します。

[目次]

「みみ楽」ココチモモデルの良い口コミ・メリット

ビクター集音器「みみ楽」EH-A580

ビクター集音器「みみ楽」EH-A580は、単に外音を増幅するだけでなく、聴こえの質を高める機能を搭載したポケット型集音器です。


選ばれる理由@「操作が簡単」

イヤホンを耳に入れて電源スイッチを入れるだけ。これまで聞こえにくかった音や話し声がハッキリと聞こえてきます。必要に応じて音量やバランスを調整しますが、ダイヤル式なので簡単です。

選ばれる理由A「子音ハッキリ機能」

年齢とともに聞き分けにくくなる日本語は“カ行”“サ行”“ハ行”などの高い音域を含んだ言葉です。「みみ楽」EH-A580にはその音域を自動的に増幅・強調する「子音ハッキリ機能」があり、会話が比較的聞き取りやすくなります。

選ばれる理由B「突然音キャンセル機能」

「みみ楽」EH-A580の注目できる機能として挙げられるのが、「突然音キャンセル機能」です。食器が割れる音、ドアが強くバタンと閉まる音など、衝撃音をキャッチしたらそれを自動でやわらげ、耳への負担を軽減してくれます。

「普通の会話は大きく聞こえたほうが助かるけど、衝撃音があまりに大きく聞こえるのはつらい」という人にとって、嬉しい機能と言えますね。

すでに生産が終了したEH-A550と同じ

「みみ楽」EH-A550

ビクター集音器「みみ楽」EH-A580は、すでに生産が終了したEH-A550と中身は同じですが、カバー色をゴールドにココチモモデルとしてリニューアルされたものです。

EH-A550を気に入って使っていたけど在庫切れで買い替えできなかったというユーザーさんは、このココチモモデルを検討されてみてはいかがでしょうか。

「みみ楽」EH-A580の悪い口コミ・デメリット

聴こえない?ハウリングが起こりやすい?

難聴のおばあちゃん

「聴こえない」「役に立たない」などという口コミも目立ちますが、この製品を含め多くの集音器は、軽度の難聴者向けなので、難聴の進み具合によっては聴こえないケースもあります。


あと「ハウリングが起こりやすい」という趣旨の口コミも、割合としてやや多く見られますので、この点もデメリットと言えるでしょう。

特にマイクと一体化したイヤホンは、ハウリングが起こりやすく、その音には凄まじいものがあります。

イヤーピースが合わないという人も

ハウリングは集音器の性能だけでなく、イヤーピース(耳に差し込む部分)と耳の穴が密着していないことが原因で起こることもあります。

イヤーピースはXS・S・M・Lの4種類が付属されてますが、耳穴の大きさや形状は一人ひとり違うので、4種類あっても「イヤホンの大きさが合わない」という口コが後を絶ちません。

適切なイヤーピースの大きさを選ぶことだけでなく、入れ方にも慣れとコツが必要なので、何度も試してみましょう。

どうしても大きさが合わないときは…

どうしても上手くいかない方は、ウレタン製のイヤーピースを採用した集音器を検討するのも一つの方法です。ウレタン製のイヤーピースは、指で収縮させて耳穴に挿入し、耳穴の中でふくらみピッタリとフィットするので一切の隙間がなくなり、ハウリングを防止します。

ウレタン製のイヤーピースを採用している集音器にはオリーブスマートイヤープラス等があります。

>> オリーブスマートイヤープラス

雑音が気になる?

「ザーっと雨が降っているような音がする」などの口コミは、程度の差こそあれ、どの集音器にもあります。

このような雑音を軽減させる技術はかなり進歩しており、一部の集音器には雑音をデジタルで処理し低減させる機能が搭載されておりますが、本器にはそのような機能がありません。

「みみ楽」ココチモモデルの無料貸し出し・価格など

「みみ楽」ココチモモデルは8日間試聴無料

ココチモモデル(EH-A580)には、到着後8日間は無料で試聴することができます。もし、気に入らない場合は、8日以内であれば返品を受け付けてもらえます。ただし、返送料は負担しなければなりません。

参考:お試しできる集音器一覧

参考価格(税込)

  • 「みみ楽」ココチモモデル(EH-A580)29,800円

公式サイト:ビクター「みみ楽」

「みみ楽」のデジタルモデル(EH-A800)について

ビクター ボイスレシーバー「みみ楽デジタル」EH-A800

みみ楽には今回ご紹介したアナログモデルEH-A580の他にデジタルモデEH-A800もありますが、生産終了のため、購入は在庫のあるショップに限られます。


「突然音キャンセル回路」などの基本的な機能や操作性、外観はほぼアナログモデルと同じですが デジタルモデルには「聴こえ調整機能」があります。

本体のボタン操作で、自分に合った音域や聴こえ特性を調整できるようになっていて、「聞こえにくい音域が聞こえやすくなった」と評価されております。

調整設定は本体に記憶されますので、「電源を入れるたびに調整が必要」などということはありません。もちろん、調整は何度でもできますから、自分に合う調整をとことんまで追求することも可能。

調整の合わなさ・難しさ

デジタルモデル(EH-A800)に対する口コミを見てみると、「簡単に調整できて、良く聞こえるようになる」という声が多い反面、「調整が合わず、聞こえづらい」「いくら調整しても雑音が目立つ」などという、調整の合わなさ・難しさを指摘する口コミも少なくありません。

もちろん、どちらの声が多いかと言えば、高く評価する声のほうが優勢と言えますが、数万円もする機種だけに、「少なからず不満の声もある」という点は気になりますね。

「みみ楽」耳あな式 EH-W10について

ビクター ワイヤレスボイスレシーバー「みみ楽」EH-W10

「みみ楽」ワイヤレスボイスレシーバーEH-W10は、聴こえにくい方や補聴器を使用している方のために設計された耳あな式の集音器です。


メリットとなる機能

専用アプリ

EH-W10は無料の専用アプリを利用して、自分に合った最適な「聴こえ」に簡単に調整することができます。

ワイヤレス接続機能

EH-W10はBluetoothを利用して、スマートフォンやタブレットなどのBluetooth搭載デバイスと接続することができます。このため、外出先でも音声や音楽をワイヤレスで楽しむことができます。

高音質スピーカー

EH-W10には高品質なスピーカーが搭載されており、鮮明な音質で聞こえにくい音声を補足します。

マイクロフォン

EH-W10には、外部の音声を集音するマイクロフォンが搭載されています。耳穴と同じ位置から集音するので、会話や音楽など、周囲の音声をより自然な感覚で聴き取れます。

3つの聴き取りモード

EH-W10には、3つの聴き取りモードがあります。普通、騒音低減、テレビモードです。それぞれのモードは、聞き取り環境に合わせて選択できます。

充電式バッテリー

EH-W10は、充電式バッテリーを搭載しています。約2.5時間の充電で最大10時間の連続使用が可能です。充電ケースを併用することで合計約30時間の長時間使用も可能です。

軽量・コンパクト

EH-W10は、イヤホン(片耳)が約5.8gと軽量かつコンパクトなデザインで、長時間の使用でも疲れにくい設計となっています。

突然音キャンセル機能

EH-A800と同様、ものを落としたり、ぶつけたりした時の不快な衝撃音を自動で低減し耳を保護する“突然音キャンセル機能”が搭載されております。

EH-W10のデメリット

みみ楽 ワイヤレスボイスレシーバー EH-W10には、以下のようなデメリットがあります。

低音が弱い

EH-W10に搭載されたスピーカーは、高音質であるものの低音が弱いため、音楽を聴く場合には音質にやや不満を感じることがあります。

外部音の拾いすぎ

EH-W10に搭載されたマイクロフォンは、全指向性で周囲の音声を拾い上げることができるため、騒音の多い場所では周囲の音が邪魔になって聞き取りにくくなることがあります。

これらのデメリットは、EH-W10の特性上避けられないものですが、周囲の音声が邪魔になる場合には、モードを切り替えたり、音量などを微調整することである程度は対処できます。

価格

  • EH-W10 49,500円(税込)

ビクター「みみ楽」テレビ用スピーカー

みみ楽テレビ用スピーカー

ビクターのみみ楽シリーズには「テレビ用ワイヤレススピーカー」もあります。


人の声(セリフ)が聴きとれる「はっきり音声」を搭載

「みみ楽のテレビ用ワイヤレススピーカー」は、テレビの音源をワイヤレスで受信して手元に置いた本体ではっきりと聴きとることができるテレビ用ワイヤレススピーカーです。

音は聴こえても人の声(セリフ)が聴きとれないとテレビの音量はどうしても大きくなりがちですよね。

しかし「みみ楽のテレビ用ワイヤレススピーカー」なら、人の声をクリア伝える「はっきり音声」が搭載されておりますので、ニュースのアナウンスやドラマのセリフがはっきり楽しめます。

20時間連続使用OK・大きな文字とツマミで操作も簡単

30メートル離れた場所でも届くという2.4GHzデジタルワイヤレス方式が採用されております。ただ、この2.4GHz帯はパソコンやスマホのWi-Fiでも使用されているので干渉される可能性があるかもしれませんね。

電源コードを使わない内臓バッテリー式で簡単に持ち運びできるのは大きなメリット。バッテリーは1回の充電で約20時間の連続使用が可能です。

ツマミなどのスイッチ類は大きなものを分かりやすく配置、文字も大きく表示され分かりやすいので、ご高齢者の方にも簡単に操作できるます。

価格など

  • SP-A900 16,000円台(税込)〜

※価格はショップにより異なります。