ビクター「みみ楽デジタル」【聴こえ調整機能】を搭載したボイスレシーバーEH-A800

更新:

ビクター ボイスレシーバー「みみ楽デジタル」EH-A800は「聴こえ」に関する新機能を搭載したポケット型集音器です。

「みみ楽デジタル」EH-A800が選ばれる理由

ビクター ボイスレシーバー「みみ楽デジタル」EH-A800

「みみ楽デジタル」EH-A800の最大のメリットとして挙げられるのは、新開発の「聴こえ調整機能」が搭載されているという点です。

本体のボタン操作で、自分に合った音域や聴こえ特性を、調整できるようになっていて、「聞こえにくい音域が聞こえやすくなった」と評価されております。

もちろん、調整設定は本体に記憶されますので、「電源を入れるたびに調整が必要」などということはありません。もちろん、調整は何度でもできますから、自分に合う調整をとことんまで追求することも可能。

そしてもうひとつ、「みみ楽デジタル」EH-A800の注目できる機能として挙げられるのが、「突然音キャンセル機能」。食器が割れる音、ドアが強くバタンと閉まる音など、衝撃音をキャッチしたらそれを自動でやわらげ、耳への負担を軽減してくれるのです。

「普通の会話は大きく聞こえたほうが助かるけど、衝撃音があまりに大きく聞こえるのはつらい」という人にとって、嬉しい機能と言えますね。

「みみ楽デジタル」EH-A800のちょっと気になる点

「みみ楽デジタル」EH-A800は、新開発の「聴こえ調整機能」が搭載されているという点が大きなメリットだと述べましたが、実は、この聴こえ調整機能は「使う人によってはデメリットになることもある」というのが実情です。

EH-A800に対する口コミを見てみると、「簡単に調整できて、良く聞こえるようになる」という声が多い反面、「調整が合わず、聞こえづらい」「いくら調整しても雑音が目立つ」などという、調整の合わなさ・難しさを指摘する声も少なくありません。

もちろん、どちらの声が多いかと言えば、高く評価する声のほうが優勢と言えますが、数万円もする機種だけに、「少なからず不満の声もある」という点は気になりますね。

あと「ハウリングが起こりやすい」という趣旨の口コミも、割合としてやや多く見られますので、この点もデメリットと言えるでしょう。

参考:集音器の中には、「みみ太郎」など中等度・高度難聴に対応し、高齢の方にも操作が簡単な製品があります。

「みみ楽デジタル」EH-A800の「無料貸し出し」はできる?

「みみ楽デジタル」EH-A800は、無料レンタルや試聴などのお試し制度は、今のところありません。

聴こえ調整機能が賛否両論の機能だけに、自分に合うかどうか試せる機会がぜひともほしいところですが、そうした機会が得られないのはちょっと厳しいですね。

参考:お試しできる集音器一覧

価格

  • 32,000円台(税込)〜

「みみ楽デジタル」EH-A800のポイントまとめ

  • 「聴こえ調整機能」や「突然音キャンセル機能」などの注目機能を搭載!
  • ただし、調整が合わない・難しいと感じる人も少なくない

※価格はショップにより異なり、税込32,000円〜35,000円台です(2019/10/6現在)。

公式サイト:ビクター「みみ楽デジタル」

ポケット型集音器一覧に戻る