ユニデン ステレオボイスレシーバー SVR700【デジタル音量自動調整機能付き】

更新:

耳と手にしっかりフィットするポケット型集音器のひとつとして挙げられるのが、ユニデン ステレオボイスレシーバー SVR700です。

ステレオボイスレシーバー SVR700 が選ばれる理由

ユニデン ステレオボイスレシーバー SVR700

SVR700のメリットは、「操作がシンプルでありながら、集音性能に対する評価は高い」ということです。

基本操作は、電源スイッチと音量調節つまみを操作すればほぼOKですのでとてもシンプル、さらに、左右の聞こえの差が気になる人は、バッテリーカバー内にある左右音量調整つまみを使えば簡単に調整できます。

「音が大きく聞こえて、しかもハウリングが起こりにくい」という点では、かなり評価が高いですよ。しかも、ただ大きく聞こえるだけでなく、突然大きな音が連続して出た時は、デジタル音量自動調整機能が働き、耳への負担を軽減してくれます。

そして、SVR700は「耳と手へのなじみやすさ」にもこだわりが見られます。

イヤホンは長時間利用しても痛くなりにくいソフトタイプで、しかもイヤホンキャップのサイズは4種類から選べるのでフィット感バッチリ。 本体も、手にしっくりなじむ形とサイズにこだわって作られています。

あとメリットと言えばもうひとつ、「充電池は予備が1本ついてくる」というのも大きいですね。付属の充電器で予備電池も充電しておけば、長時間の外出でも安心感が高まります。

ステレオボイスレシーバー SVR700 のちょっと気になる点?

SVR700は、ハウリングが起きにくい、きちんと耳元で大きく聞こえやすい、という点では高評価ですが、メーカー側の「不要なノイズが少なく快適に」といううたい文句とは裏腹に、実際の口コミ評価では、「風や衣ずれの音をノイズとして拾いやすい」「砂嵐のようなホワイトノイズが常に気になる」といった趣旨の、ノイズに関しては意外と厳しいコメントが目立ちます。

あと、SVR700はデザイン的にはかなりすぐれているのですが、「小さな本体に、イヤホンコードが上向きではなく横向きにつくので、断線リスクが高そうなのが気になる」という声もあります。

そして、実はSVR700は生産国も気になります。価格が税込で13,000円〜14,000円台(2019/10現在)という、それなりの価格がする機種でありながら、中国製なんです。

ステレオボイスレシーバー SVR700 の「無料貸し出し」はできる?

SVR700には、貸し出しやショップでの試聴によるお試し制度はありません。

音の大きさ・フィット感・ハウリングリスクの低さでは評価がいいものの、ノイズが気になるという声が多いことを考えると、お試しなしでこの価格クラスの集音器を買うのは勇気がいりますね。

参考:お試しできる集音器一覧

価格

  • 13,000円台(税込)〜

ステレオボイスレシーバー SVR700 のポイントまとめ

  • シンプル操作でフィット感もいい
  • 音の大きさとハウリングの少なさは評価が高い
  • ただしノイズは気になるという声も少なくない

公式サイト:ユニデン

ポケット型集音器一覧に戻る