集音器は「お試し」「返品保証」「レンタル」で確かめよう

更新:

お試し返送用の伝票

どれだけ高性能な集音器でも、自分の耳に合っているかどうかは、実際に使ってみないと分かりません。

一部のメーカーは「集音器を一定期間貸し出しますので、じっくり試して下さい」という趣旨の『お試し』や、使った後でも返品できる『返品保証』を実施しています。ここではお試し・返品可能な集音器を厳選して紹介します。


お試しできる高齢者向け集音器 - 4機種

みみ太郎(シマダ製作所)

みみ太郎耳掛けタイプ

高齢者にも簡単な操作性と自然な音を届ける技術でロングセラーを続けている集音器。

メーカーの公式サイトには10日間の無料お試し制度があります。耳掛けタイプとモバイルタイプの両方を同時に試して、聞き比べることも可能。返送時の送料は自己負担となります。
耳掛けタイプ 49,500円、モバイルタイプ(両耳用)77,000円(税込)

みみ太郎 公式サイト

みみ太郎の詳しい解説

アドフォクス集音器

アドフォクス集音器

特許取得の技術が搭載され、人の声はもちろん、電車や車の音、音楽なども「透明感のある音」で聴ける集音器。

メーカーの公式サイトには10日間の無料お試しサービスがあります。複数の機種の同時貸し出しもしてくれます。試聴器が貸し出されるので、購入する場合も、しない場合も、返送が必要。返送時の送料だけは自己負担です。あと「試した感想」をレポートで提出しなければなりません。
np81s ポケット型スタンダード(軽度難聴者用) 39,800円(税込)

アドフォクス 公式サイト

アドフォクスの詳しい解説

デカ音くん(松栄電子工業)

デカ音くん

集音のための独自構造のマイクは特許を取得しており、話し手の声が、大きくクリアで聞こえやすい集音器。

メーカーの公式サイトでは20日間の無料お試しを実施しております。返送する際の送料負担も必要がなく、貸し出し期間と合わせ、業界で最も優良なお試し制度といえます。
スタンダード(片耳イヤホン付) 29,700円(税込)

デカ音くん 公式サイト

デカ音くんの詳しい解説

ソニー首かけ集音器 SMR-10

ソニー首かけ集音器 SMR-10

珍しい「首かけタイプ」の集音器。イヤホンとともにマイクも本体に一体化されているので、装着したまま、電話での会話もOKです。イヤホンを使わず本体に内蔵されたスピーカホンとしても使用が可能。テレビ視聴用としても人気の機種です。

レンティオ(Rentio)というレンタルサイトから4,480円(14泊15日・税込)でレンタルすることでお試し可能です。
価格33,000円(税込)

ソニー SMR-10 公式サイト

ソニー SMR-10の詳しい解説


集音器を「返品保証制度」でお試しできる - 2機種

「お試し制度」と同じようにメーカーが製品に自信を持っているために行っている『返品保証制度』というものもあります。この制度を活用すれば、お試ししてからの返品も可能です。

ミライスピーカー

ミライスピーカー・ホーム

音量を上げなくても言葉をはっきりとクリアに表現するテクノロジーで、耳が遠くなった方のテレビ視聴をサポートする、外部設置型のスピーカーです。
公式オンラインストアで購入した場合、30日全額返金保証があります。30日以内であれば、お試しした上での返品がOK。amazonなど他のショップでは返金保証が付きません。

ミライスピーカーは、音量を上げなくても「言葉をはっきりとクリアに表現するテクノロジー」で難聴者のテレビ視聴をサポートする、外部設置型のスピーカーです。
24,750円(税込)

ミライスピーカー 公式サイト

ミライスピーカーの詳しい解説

ショップジャパン 楽ちんヒアリング

ショップジャパン 楽ちんヒアリング

草笛光子さんが登場するショップジャパンのCMでおなじみ。電話対応も行うなどサポート体制が充実しており、はじめて使う集音器としてピッタリなのではないでしょうか。

購入から39日以内であれば、使用後でも返品可能という独自保証がつけられております。返品の際の送料は自己負担です。
インターネット販売限定10,890円(税込)

ショップジャパン 公式サイト

楽ちんヒアリングの詳しい解説


集音器を「お試し」できる最大のメリットとは?

普段の生活の中で集音器を使ってみる

集音器を「お試し」できるの最大のメリットは、普段の生活において集音器を使った場合どうなるか、ということが事前にきちんと分かることです。

永く付き合えるかどうかは、その集音器と個人個人の相性しだい。まずは「お試し」で実際に使って確かめてみましょう。

意外と多い「お試し」後の返品率

この数字を見て「えっ!こんなに?」と驚かれた方は多いのではないでしょか?これはあくまでも当サイトの調査ですが、お試しや返品保証を実施している複数の集音器の返品率の平均は32.9%、実に3人に1人が返品しているということが判明しました。

どれだけ集音器の性能が進化しても、個人個人で聴こえ方、感じ方は千差万別。聴こえの問題というのは、聴覚の機能だけでなく、頭脳や意識、性格や感情などあらゆる要因が重なり合っているのです。

試した結果は、「Yes」「No」の2種類だけではない

集音器を試した際の判断は「Yes」と「No」の2種類だけではなく、主に下記4パターンに分かれるのではないでしょうか。

  1. 使い始めて、早い段階で気に入り、普段の生活で使い始める ⇒【購入】
  2. 最初は上手く聴き取れないが、使っていくうちに聴覚や脳が慣れてきて上手く聴き取れるようになる ⇒【購入】
  3. 一定の期間使い続けたが、上手く聴き取れるようにならない ⇒【返品】
  4. 最初に上手く聴き取れないと「これは使えない」と決めつけてしまい、使わなくなる ⇒【返品】

実際に集音器の「性能」が自分に合わないと判断した「3」だけでなく、 もしかしたら性能的には自分に合っていたかもしれないのに初めの段階で使えないと決めつけてしまうパターン「4」も含まれるため、32.9%という数字を、そのまま性能の評価とするわけにはいきません。

しかし、ほぼ3人中1人が返品するという現実がある以上、ご購入の際はお試しや返品制度を、ぜひ活用していただきたいと思います。